人気のトリキュラーを徹底解説

トリキュラーより後に開始されたマーベロン21

トリキュラーは、人工黄体ホルモン剤レボノルゲストレルを含有する第2世代の漸増型3相性経口避妊薬であり、マーベロンは人工卵黄ホルモン剤デソゲストレルを含有する第3世代の1相性経口避妊薬です。どちらも低用量避妊薬に分類され、21錠タイプと28錠タイプがあります。21錠タイプの用法用量は、基本的に生理初日より毎日定刻に服用する様にし、ピルシートの全ての錠剤を飲みきった22日目~28日目までは休薬期間をとり、休薬期間後の29日目からは新しいピルシートで服用を開始します。28錠タイプは、21錠タイプに薬剤が含有されていない偽薬が休薬期間に相当する7日間分含まれているので、生理初日より服用を開始し無くなれば次々に新しいピルシートで服用を継続します。
マーベロン21や28は、副作用の最も少ない経口避妊薬とされていますが、第2世代に比べ血栓症リスクが2倍と言うWHOの疫学調査報告結果が否定されていない事もあり、日本国内ではトリキュラーの方が多く使用されています。マーベロンは、1相性なので漸増型3相性のトリキュラーに比べて人工ホルモン剤の含有量が多い特徴があります。
漸増型3相性のトリキュラーは、自然なホルモンバランスになる様にレボノルゲストレルの含有量が生理周期後半に向かって3段階で増量されている為、第1世代に比べ吐き気や頭痛などの副作用が抑制され日本人の体質に合っている経口避妊薬とされています。人工卵黄ホルモン剤に関しては、7日目~11日目までエチニルエストラジオールの含有量が0.01mg中間増量され、より自然なホルモンバランスになる様になっており、生理痛軽減や不正出血の頻度などの効果があります。