人気のトリキュラーを徹底解説

トリキュラーとIUSは基本的に自由診療

トリキュラーは低用量ピルの一種で、ピルを始めて服用する人でも比較的簡単に飲むことが可能です。

ピルは、生理期間を除いた21日間毎日服用することで避妊効果を得るものですが生理期間は自分でピルの服用を中止して8日目にまた自分で再開するため、中には飲み忘れてしまう人も多いようです。

その心配を防ぐために、28錠の錠剤でできたトリキュラー28は、生理期間の7日間も錠剤を飲むことになっているシートで、生理期間中の7日間分の錠剤にはピルの薬効成分が含まれておらずプラシーボ錠を飲むことで飲み忘れを防ぐ効果があります。

しかし、それでも毎日飲む習慣に自信がないという人やタバコの喫煙習慣がありピルを服用できない人の場合は、IUSの装着も一つの手段です。

IUSは、黄体ホルモンであるプロゲステロンを持続的に放出することと医師に子宮内に器具を装着してもらうことで避妊効果を得る避妊具であるIUDを合わせた2つの特徴を併せ持つ避妊法です。

IUSを装着すれば100%の確率で妊娠しないで済むことと、ピルの服用による全身への作用が気になる場合にはIUSの装着が良いでしょう。

もし、妊娠したくなった場合には、また医師に除去してもらえば妊娠は可能であり、授乳中でも装着することもできます。

妊娠経験がない人や糖尿病や肝機能障害、心臓弁膜症などの疾患を抱えている人は装着できないことがあります。

ただ、避妊目的でトリキュラーやIUSの装着を行う場合には基本的に自由診療となります。

ただ、トリキュラーなどの低用量ピルの場合、子宮内膜症や月経困難症で日常生活に支障をきたしていてピルの処方を希望する場合には病気と認定されて保険適用ができることもありますので、医師に相談してみるのも良いでしょう。