人気のトリキュラーを徹底解説

トリキュラーと期間とアロマセラピーについて

日本は、生理痛の悩みを抱えた女性が多いです。
生理痛には個人差があり、痛む場所も、痛み方も人によって違います。
生理痛の主な原因は、プロスタグランジンです。
プロスタグランジンは、ホルモンの一種です。
生理中に分泌され、子宮を収縮させます。
喫煙は体中の血管を収縮させるので、タバコを吸う女性は気を付けた方がいいです。
生活環境が変化した場合など、ストレスが多い生活が続いていると、自律神経やホルモンバランスが崩れて、生理痛が強くなることがあります。
生理の1週間前くらいになると、月経前症候群の様々な症状が出る女性も多いです。
避妊効果が高い低用量ピルは、日本でも利用する女性が増えています。
低用量ピルは、避妊だけでなく、生理の時の不快な症状を改善する効果があります。
腰痛や頭痛、肩こり、手足のむくみ、吹き出物など体の症状から、イライラや不安、やる気の低下、性欲の減退など心の症状まで、低用量ピルで改善することは可能です。
日本で普及している低用量ピルのひとつが、トリキュラーです。
トリキュラーは、ホルモンバランスを整える作用があるので、ニキビの改善にも役立ちます。
トリキュラーの服用を中止すると、一定期間活動が抑えられていた卵巣が活動を開始し、排卵が起こるようになります。
そして、服用を中止してから2ヶ月から3ヵ月くらいで妊娠が可能になります。
生理痛の改善には、アロマセラピーも効果的です。
アロマセラピーにはリラックス効果もあるので、生理中のイライラや不安、落ち込みなどにも効果的です。
アロマセラピーに使う精油は、天然のハーブから抽出したものなので、体に負担がかからず、優しく作用します。
浴槽に精油を入れて入浴すれば、体が温まって血行が良くなるので、さらに効果的です。