人気のトリキュラーを徹底解説

トリキュラーで食欲とコンドームに負けない性生活

昨今、低用量ピルを避妊や生理日の調整、月経前症候群の緩和のために利用する若者が増えています。
中でも日本で一番使われているとされるのがトリキュラーで、生理期間を28日周期に整えてくれる効果があります。

トリキュラーは卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類が含まれたもので、服用することによって、体は妊娠している時のような状態になります。
特徴として3相性タイプという、三段階のホルモン量が違う錠剤で、28日間の中で、後半に近づく程、黄体ホルモンの量が増えていく低用量ピルになります。
これは、私達女性が本来持つホルモンバランスにより近い為、不正出血が起こりづらいという利点があります。
そして、卵胞ホルモン量がより多い中容量ピルでおこりやすい、ホルモン濃度が高くなり、食欲が増進して太る、むくみが起きる、といった構図も低用量ピルではあまり起きないとされています。(個人差はありますが)

生理不順や旅行前の生理日調整にも最適なトリキュラーですが、若者たちが最も期待している効果は避妊効果ではないでしょうか。
もちろん、避妊だけでなく病気の予防にも役立つコンドームを毎回使用するのがベストなのかもしれません。
けれど、ゴムアレルギーであったり、皮膚が敏感でコンドームが擦れて痛い人、愛する人との壁のない、最高のセックスライフを送りたいという人もいるでしょう。

トリキュラーを毎日同じ時間に正しい服用をしていれば、破損の可能性があるコンドームよりもはるかに完璧な避妊ができることでしょう。
ただし、2日以上飲み忘れてしまった場合、避妊効果が低下する可能性があるので、服用をやめ、別の避妊をする必要性があるでしょう。

自分の体は自分で守る、どんなに素敵なパートナーとのセックスでも、子づくり中でない限り、トリキュラーで安心安全な性生活を送りましょう。